トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  問はず語り  >  SMにS○NYタイマーを!3

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山のトンネル工事に反対しています | トップページへ戻る | これなんだっけー

このページのトップに戻る

SMにS○NYタイマーを!3
2008年12月10日

前後編ぐらいでスパっと終わらせようとしたものの、話の脱線により延び延びになってしまった挙句、クコの実の妨害なども入り↓(別に妨害でも何でもないよ! 教えてくれた方、ありがとうございました!)3回目となってしまった本議論。もはや自分でも、この話をどこに落としたかったのか、よくわからなくなってきました。何というGDGD…。

結論から先に言おう。S○NYタイマーにより、S○NY社製品がぶっ壊れて、その都度新製品を買わないといけないように、SMや恋愛もある程度定期的に関係性がぶっ壊されて、力量差が一瞬でも本来的な意味での0に戻るような何かがあるといいなってことが言いたかったんです。うわ、一言で終わった! だって力量差って、最初にゲージの幅が確定される瞬間が面白いんだもん!

ただ、もちろん一度壊したものを再構築するというのは、ものすごく気力も体力もいることなので、それに向き合うのは胆力がいりますよね。一度ぶっ壊して再構築するって言っても、ケンカした後のセックスはいつもより気持ちいいとか、そういうアレじゃないですからね。
単に役割を入れ替えればそれでOK! というなら楽かもしれないけど、性格的なものも関わってくることなので、そうそう簡単な話にはならないだろうし。

あと、基本的にそういうのは自分でやろうと思ってできることじゃない場合が多いですしね。というか、自分でやろうと思ってやった時点で、それは以前の関係性=錆びついた(とは言い過ぎですが)力量差の中に組み込まれた行為のひとつということになってしまうので、ほとんど意味がないですね。

その上、運良く? 自然発生的に起こったものは、大抵が自分の「破壊の美意識」からは外れた「もうマジでこれ終わらせたい」的な内容になることが多いので、お話になりません。あ、たまにうまく当てはまってくれたものもあったけど。たまにね。ホントにたまにね。

あ、ちなみにそもそも本気でそうだったらいいな、とか思ってないですよ?(ここまで語っておいてあっさり捨てた!) 手に入らないから欲しくなるんです。自分ががんばれば叶う可能性のあるものだったら、そんなにほしくならないというか、さっさとやってます。

大袈裟に話を膨らませたわりにはあっさりした終わり方ですが、壮大な話のラストっていうのは得てして「え、これでいいの?」的なもんなんですよ!(開き直った) みんなだって浦沢直樹の「モンスター」とか、三国志とか、結構がっくり来たでしょ!? ←同列にするな。

なんかいきなり天変地異とか起こって、死にかけた翌日目が覚めたら下半身が蛇になっていたとか、例えばそういうシチュエーションでSMに向き合えたら面白いだろうなぁ、などと、わけのわからん妄想をする今日この頃なのでした。そのときの相手の反応で、新たな力量差が決まるっていう。
別に退屈しているわけじゃないです。あえてないものをねだるという行為が面白いだけです。
スポンサーサイト

高尾山のトンネル工事に反対しています | トップページへ戻る | これなんだっけー

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。別名義で環境、健康関係、和の文化や歴史についての記事や、ゲームシナリオ、ノベライズなども執筆する。ていうかわりと何でも書く。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。