トップ  >  log from Black crystal  >  みなぎる武田信玄公のうた

みなぎる武田信玄公のうた
2008年10月02日

昨日、日本史をネタに書いたら(いや、あれは日本史っていうか)、真夜中に急にみなぎってきて、久しぶりにSAKUSAKUの「武田信玄公のうた」を聞きたくなったので、つべで探していたら、なんかすごく世のあはれを感じるものを発見した。
やっぱりBGMって大事だよねっていう話。

これがテーマソングだったら絶対大河ドラマの視聴率は変わっていたはず。


Mistress、じつは大河ドラマって見たことないよ!
スポンサーサイト

フランス語のナチス(を模した)SM DVD! | トップページへ戻る | 梨(や)らないか?

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ