トップ  >  告知  >  『レポ』に寄稿します

『レポ』に寄稿します
2010年08月04日

ただいまブログリニューアル中です。見づらい箇所が多くなっていたり、記事が不自然に減っていたり増えていたりしていますが(笑)、ご容赦を。

→のようなプロフィールをぬけぬけと書きつつ、最近「スナイパーEVE」ぐらいでしかえすえむっぽい原稿を書いておらず、SMバーで酒飲んで遊んでいるばっかりだったんですが、この秋から私は変わります(腸☆きらーん!←夕樹七瀬さますみません)

9月15日発売予定の、北尾トロさん編集の雑誌「レポ」に『日本三大M男列伝』(仮・たぶんこんなかたいタイトルにはなりません)を全8回に渡って掲載予定であります。「日本三大M男」と呼ばれる、戦後のSM界の牽引した3人のM男性の生き様を追っかけるノンフィクション。3人にとっては、牽引したというよりは、好きなことをひたすらやったという感覚なんでしょうけども。
だけどとにかく彼らの話は、「後世」に残さないといけないと思った。ほんとうに。
※次回掲載分は第1回なので、プロローグ的な内容ですが。

三大M男さんについては雑誌を買って記事を読んでいただくとして(笑)、自分のブログだから自分のことを書くわよ。

私は「何事も古き世のみぞしたはしき」なんですけど、単に自分の好みとしてしたはしく思っているっていうだけで、安易に「今はダメで昔はよかった」と攻撃的懐古趣味に走るのは嫌いなんです。

昨今の、SMがお手軽になっているっていう風潮は、自分もファッションやらオタ文化からこっちに入ってきた癖に個人的にはすごくイヤだし、性感と勘違いするようなお客様M男はみんな夏バテで滅びろと正直思いますが、でもお手軽になるような事情や時代背景があるべくしてなったものだから、文句をいっても始まらないじゃないですか。そういう事情の根本を変える力もないし、だいたい変えようとすることは時代に逆行することに他ならないし。

そんでもって、自分も間違いなく、誰かから、何か違うことで「この平成のお手軽野郎が」って思われてるだろうし、実際お手軽病患者だって自覚あるんすよ。でもお手軽野郎からしてみれば、お手軽野郎なりに迷走した過去があって今こうしているわけで、でももういろいろ悩んだり考えたりするのもきりがないんで、迷走する心を迷走するままに任せておいたら(自分に甘いとも言う)、皮肉にも逆説的にも、昭和SMというか20世紀SMというか、SMが暗くてドロドロしていた時代やそこに生きていた人たちの骨太さへの憧憬に行き着きました。はははは。
できれば私とは違う種類のお手軽病の人に何か残せればいいな、なんて思います。

T・S・エリオットの言葉で、過去は現代の感覚で解釈することによって初めて過去として捉えることが可能になり、現代は過去から生かし方を学ぶとかそんなのがあったけど(超うろ覚え。ggっても出てこなかったの)、まぁきっとそういう方向性です。
スポンサーサイト

こくちこくち | トップページへ戻る | 引っ越し&リヌーアル中

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ