トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  その他  >  ギブミー肥後ずいき

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同作業 | トップページへ戻る | 「もしも…女社長が女王様だったら?」 レビュー

このページのトップに戻る

ギブミー肥後ずいき
2009年09月27日

今、肥後ずいきに興味があります。

肥後ずいきとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E5%BE%8C%E3%81%9A%E3%81%84%E3%81%8D

これは男性のアナルにも使えるのだろうか。
誰かを実験台にして試してみようと思って注文してみたら、そこでは取り扱い中止になっていました。無念である。

物理的に粘膜を刺激するものを使ってみたいです。
前立腺もいいけど、あれは入れてからどうこうって話じゃないですか。
バイブとかぺニバンもいいけど、精神的に良いって部分もありますよね。

気持ちとか関係なく、お尻が疼いてしょうがない! なんかボク変なの!

と、突き出してくるようなシチュエーションを求めております!
ずいきが無理なら、山芋はいけるだろうか。あれは痒いだけか?
スポンサーサイト

共同作業 | トップページへ戻る | 「もしも…女社長が女王様だったら?」 レビュー

このページのトップに戻る

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。別名義で環境、健康関係、和の文化や歴史についての記事や、ゲームシナリオ、ノベライズなども執筆する。ていうかわりと何でも書く。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。