トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  log from La Siora  >  ごめんなさい、Kさまへ、ラバーキャットの良さ

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追記あり】ユートピアのパロディ | トップページへ戻る | ARCADIA、融、ライブのお知らせ

このページのトップに戻る

ごめんなさい、Kさまへ、ラバーキャットの良さ
2009年09月07日

1ヶ月ぐらい前にブログのテンプレートを新しくしたんですが、今、ひとつ前のバージョンのIEで見たら、デザインが崩れまくっていることに気がつきました。私のせいじゃないよ! と言いたいところですが、こういうのは本来管理者が最終確認すべきことなので明らかに私のせいです。慌てて変更しました…申し訳ありませんでした。どうりでカウンターの回りが悪くなっていると思った…

-----------------------------------
Kさま

福岡のラバフェチ事情は私はよく存じ上げないのですが(というか福岡のフェティッシュシーン事情自体よくわからないのですが)、東京でよろしければ、右リンクにもありますALT-fetishというラバーアイテム専門店のショールームでラバーベッド体験ができるはずですので、お問い合わせになってみてはいかがでしょう? ただ、いろいろと条件が必要だった記憶があるので(ALT-fetishさんで何かを購入したお客様の特典であるとか、裸で入る場合はラバーベッドの清掃代としてプラスいくらか必要だとか←汗かきますからねー、確かそんな)、そのあたりも事前にご確認いただくことをオススメします。

-----------------------------------
それと、もしこれを読んでいる女性の方で、ラバーキャットスーツに興味がある! という女性がいらっしゃいましたら、ALT-fetishさんでは自社製作DVDに出演してくれるモデルさんを常時募集しているとのことですので、ぜひサイトを覗いてみて下さいね。

私も二度ほどやらせていただいたことがあるのですが(第2弾のほうはまだ発売中です♪)、すっかりラバーキャットの虜になりました。キャットスーツはやっぱりラバーがいちばんですね~。密着感がぜんぜん違う。第二の皮膚という感覚が、ラバーのキャットスーツを着ているととてもよくわかります。

触感の良さももちろんありますが、全身をうすーい皮膚のようなもので包まれているのに、体のラインはまったくもって浮き彫りという、逆説的なエロティシズムもまたたまりません。全身がコンドームに包まれたち○こになった気分といいますか、エロなのに生殖をかたくなに拒否する存在になるという……観念と感覚がドッキングして、ちょっと他にない独特の気持ち良さを得られます。あれは確かに性感もアップする。オススメ!

-----------------------------------
今日の動画
上の記事とはまったく関係ないので畳みます。ファミマの入店音がここまで格好良くなるとは! 店長、温まるどころかアツいです!
http://www.youtube.com/watch?v=muwh-vi9KgY
スポンサーサイト

【追記あり】ユートピアのパロディ | トップページへ戻る | ARCADIA、融、ライブのお知らせ

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。