トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  SEXLESS the dominas' rock  >  ARCADIA、融、ライブのお知らせ

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんなさい、Kさまへ、ラバーキャットの良さ | トップページへ戻る | 8月30日・31日お休みします

このページのトップに戻る

ARCADIA、融、ライブのお知らせ
2009年09月06日

昨日は、札幌のフェティッシュバー、クラブパティオの仲良しの女性が東京に遊びに来るということで、お誘いを受けて、歌舞伎町に最近できたフェティッシュバー、ARCADIAに行ってまいりましたー。

じつはこちら、次号のスナイパーEVEの私の連載記事「女装子オトメ塾」で紹介させていただくために以前伺ったことがあり、初めてお邪魔したわけではないのですが、やっぱりお仕事モードだと存分には楽しめないもんね! ってことで、気分だけは初めてなフリしてゴー。

ARCADIAはもともとは大阪にあるお店で、私のバンドSEXLESSのドラム女王様、佐倉まびさまともゆかりの深いお店なのですが、8月のオープン以来、遊びに行く機会に恵まれず…

女性もよく気のつく楽しい方ばかりだったし、何と言っても蒼月さんの「伝説のS男っぷり」を実際に拝聴できたことがラッキーでした(ご興味のある方は直接機会を狙ってみて下さい笑)! ノリが大阪と東京の間って感じで楽しかったです。←というほど大阪のノリを知っているわけではないのですが。

----------------------
先週の中頃、なぜかわからないけど急にものすごく能が見たくなってしまい、週末になっても気持ちがおさまらなかったので、ネットで検索して当日券で駆け込んできちゃいました。こういうのは思い立ったらすぐっていうんじゃないのがいいのはわかっているんですが、見たいものは見たい。もうワビもサビもあったもんじゃない。

見たのは「融」という演目で、源融という貴族が、死後、満月の夜に、廃墟となった自分の別荘に幽霊として現われて、生前のことを思い出しながら舞うという内容です。以上。ホントにそれだけ。
確か大学時代に一度見たことがあって、そのときは舞の多い楽しい演目だぐらいにしか思わなかったんですが、改めてこの年になってみたら、あぁ、これはすごく切なくて悲しい話なんだなと。

融がまた、幽霊のくせに着物が白とオレンジ色でなんか華やかだし、楽しそうだし、存在感もあるし、要するに幽霊特有の儚さのあまりない(洗練されてはいるけどなんかキビキビしてる)、生意気なおっさんなんです。美形だけど。それが廃墟の中で月光を浴びて「今日みたいな月の夜には、こんなこともあった、あんなこともあった」って思い出しながら楽しげに舞ってみせて、舞台上で記憶が現在とオーバーラップする。時間軸の感覚がおかしくなる。華やかで楽しそうで存在感があって儚くない美丈夫の幽霊だからこそ、よけいに切なさが増します。

いろんなものを失ったり、もう戻らない時間があるということを突きつけられたりする経験を経てから見たら、思わず涙が出そうになりました。世阿弥GJ。無理して行って本当に良かった!

あと、野外能だったんですけど、中盤に出てきた近所の住人A的な人が、「これから融の幽霊出るんじゃないすか」みたいな台詞を言った瞬間に、虫の音がぐわっと大きくなって、こりゃすごいと思った。

----------------------
上でも触れております、女王様によるSMロックバンドSEXLESSですが、何どうしちゃったの的に1月まで毎月ライブを行うことになりました。

★ライブ予定★
10月1日(木)@高円寺20000V
http://www.20000volt.com/
11月14日(土)@秋葉原クラブ・グッドマン
http://clubgoodman.com/
12月24日(木)@新宿アンチノック
http://www.antiknock.net/top.html
1月9日(土)@新宿JAM「ギリギリシティー」
http://jam.rinky.info/

最近、ライブハウス内にタンカンを組み立ててくれる頼もしい助っ人が現れ出てくれまして(ホントにありがとうございます、Jさん!)、ショーにほぼ毎回吊りが入ることになったほか、物販(笑)で一般の方に向けても可能になりました!※ライブハウスの都合や当日の状況によりお受けできない場合もございますのでご了承下さい。
また、上のどこかの日程で(ざっくりしすぎていてすいません)M男がじつの母にマゾであることをカミングアウトする様子を描いたAmばっかりの感動の新曲「かあさん」もお披露目予定です。乞うご期待!
スポンサーサイト

ごめんなさい、Kさまへ、ラバーキャットの良さ | トップページへ戻る | 8月30日・31日お休みします

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。別名義で環境、健康関係、和の文化や歴史についての記事や、ゲームシナリオ、ノベライズなども執筆する。ていうかわりと何でも書く。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。