トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  告知  >  ドミナ解体新書・エミさん編

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブありがとうございました | トップページへ戻る | 強いからはかないものたち

このページのトップに戻る

ドミナ解体新書・エミさん編
2009年08月03日

ワタクシがラ・シオラのウェブサイト上で連載させていただいている「ドミナ解体新書」。毎回、ラ・シオラ所属のドミナに、SMを始めたきっかけやSM観などについてインタビューしている記事なのですが、その最新号がアップされました。

今回お話を伺ったのはエミさん。「正統派女王様」と辞書で引いたらエミさんの写真が出てくるのではないかと思われるほど、迫力と美貌と長身を兼ね備えたS級女王様なのですが、私はエミさんの魅力は外見のみならず内面にも大いにあるのではないかと思っております。

エミさんはとにかく気配りの人、という印象があります。人の心の痛みや、大事にしておきたい部分に、すごく敏感に反応できる方なのではないかと。
エミさんといえばタトゥーもあったりして、必要以上にハードな印象を持たれることが多かったとのことだったので、今回はエミさんの優しさが伝わるエピソードをうまく引き出せれば…と思ってお話を伺いました。

ていうかさ、ハード、ハードっていうけど、そもそもハードプレイって、そういう気配りや優しさや共感能力がないとまったくもって成り立たないと思うわけですよ。そういう意味では、エミさんにハードな印象を抱くというのは決して間違ってはいないんですけどね(笑)。

よろしければどうぞー。
http://rieasagiri2008.kir.jp/Dinterview/emi/1.html
スポンサーサイト

ライブありがとうございました | トップページへ戻る | 強いからはかないものたち

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。別名義で環境、健康関係、和の文化や歴史についての記事や、ゲームシナリオ、ノベライズなども執筆する。ていうかわりと何でも書く。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。