トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  問はず語り  >  中ニの美学を貫き通せ!

スポンサーサイト
--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

over130 への挑戦 | トップページへ戻る | 夏だものそうだもの

このページのトップに戻る

中ニの美学を貫き通せ!
2009年07月13日

現代に生きる我々にとっての死に至る病は、中二病である。
(ハント・シー・ロムッテロ氏/2009年)

ここ数ヶ月、今の自分には原点回帰することが必要であるように感じていました。最初はそうしたいと積極的に思うでもなく、それどころかそうと意識することもなく、10代の頃好きだったものをもう一度取り出しては眺めたり、ゆかりのある場所を訪れたり、観に行ったり、していました。このブログで何度か話題に出している能もそのひとつです。

そこへ来て先日のミーティング。そこで、無意識に求めていたのは原点回帰なのだと、初めて言葉を伴う理解をすることができました。原点回帰が必要となる「うねり」を、無意識はすでに感じ取っていたのでしょう。地震が近づくと、地中のわずかな磁場の乱れを感じ取ってナマズが騒ぎ出すという、アレみたいなものだと思います。

数日前、「何となく、フラっと」本屋に行ったら、10代の頃にどうしようもなく影響を受けた作家の特集が組まれている雑誌を目にしました。その作家とは、泉鏡花です。
私がSMに興味を持ったのは、やおい(ボーイズラブ)やコスプレといったサブカルチャーに、谷崎だとか澁澤で味付けをした、まぁわりとヒネリのないところからなんですが、直接のきっかけではなかったものの、考えてみれば常に根底には泉鏡花イズムが流れていたような気がします。

泉鏡花イズムとは、完全に自分の言葉になりますが、この世ならざるものが、この世ならざるゆえに持つ美の表現と追求、であると思います。
この世ならざるものですから、この世のことわりは通用致しません。この世ならざる、を、思い切って非日常や異端と言い換えれば、そこにはSMの世界も包括されます。
私は、異端が異端ゆえに到達する美(単に見た目的、物理的に美しいという意味ではなく)を見たかったし、理解したかった。

※あ、一応フォローすると、「美」とかしらふで言っているとエロ方面を拒否する人ではないかと思われそうですが、そんなことないですよ。エロも好きですよ。ていうか、美の中にはエロも入ってるじゃないですか。射精もオナニーも中イキも外イキも勃起も我慢汁も万々歳ですよ。

我ながらすがすがしいぐらいの中二っぷりだと思いますが、じゃあ中二じゃない人生って何だろうと考えてみると、大変味けないもののように思えます。
精神生活全般的に中二であることはさすがに問題かと思いますが、人間、多少の中二の部分は残しておかないと、生活にうるおいがなくなるのではないでしょうか。自分の中の中ニを失うことが、老いの始まりなんじゃないかと思うぐらいです。
自分の捨てられない中二の部分を周りに協調しつつ貫くことことが、個性なような気がするし、そういう人はその内容に関係なく尊敬できる。

あなたの心の中にいる「中二」を見せて下さい。

※泉鏡花については、もうちょっとSMに絡めて語りたいのですが、長くなるのでまた次回!
スポンサーサイト

over130 への挑戦 | トップページへ戻る | 夏だものそうだもの

このページのトップに戻る

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの編集

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。