トップ  >  その他  >  ミストレス治水工事

ミストレス治水工事
2009年04月20日

先日、あるM男性に言われました。「カウンセリングってエロいですよね」

そうです、エロいのです。だって服も脱がず、指の1本も触れることなく、言葉というナイフで虚栄や虚飾という服を引き裂かれ、恥部を剥き出しにされるのですから。
本心を語ることなく全裸で転がされていたほうが、まだマシということもあるかもしれませんね。

こうやって「言葉で脱がせていく」ことは快感です。きれいに整ったように見える全体像の中のわずかなほころびが、かすかな言い淀みとなって表出したとき、私のナイフはそこを突き刺し、切り裂きます。気持ちいいです。そういえば私は昔から、小心者の癖に口喧嘩だけは異様に強かった。
私はSMは好きだけど、自分に才能があるとは露ほども思わないし、むしろないほうだと思うのですが、それでも他のスキルと比較した場合の強みという意味では、それはこの言葉による分析という姿を借りた、強制羞恥プレイなのではないかと思います。

相手の幼少期から私の前に姿を現したその瞬間までの話を詳しく尋ねることで、私は彼の人生を瞬間的に、直感的に追体験します。その体験の中には、「ここを突ついてほしいのに」という「本心」が至る所に、マグマのように息づいています。それを噴出させ、うまく通り道を作ってあげるような質問で畳み掛けると、相手はそれまで自分でも訳がわからずにいた衝動が整理できて、これがまた相当気持ちいいらしいです。そんなとき私は、黄河の氾濫を収める古代中国の君主の気分です。うわぁ大きく出たねマイさん!

なぜこんなことを改めて書いたかと言うと理由がありまして、押しも押されもせぬカツマー(勝間和代さんという方の著書が好きな人)たるワタクシ、先日、彼女が著書の中で紹介していた「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という書籍を購入しました。

これはいわゆる啓発系の本で、自分の才能(分野の問題ではなく性格的な長所)を知り、それを生かすことで相対的に弱点をカバーしましょう、それであまりストレスを溜めずに高い生産性を保てる生き方をしましょうという意図のもと書かれており、ネットと連動した診断テストで、自分の「5つの強み」を知ることができます。
同書はさらに、この「5つの強み」を日常生活においてどのように使ったり、どういう指向で物事をチョイスしていけばより成功を収めやすいかを知ることができるかというところまで言及されており、ここ数年間に読んだ啓発系の本の中では2番目に大量に目からウロコが落ちた本でした。あ、別に啓発系ばっかり読んでるわけじゃないですけど。
興味のある方は書籍名で検索してみて下さい。あーアフィリエイト登録しておけば良かった。

さて、このテストで弾き出された自分の5つの強みを見て、ワタクシ、自分がSMカウンセラーという道を選んだのは、必然的なものだったのだなぁという思いを強くしました。

というのも、5つの強みのうち全部が全部、私がSMカウンセリングという実験的な要素を多分に含む活動を形にするにあたって、絶対に欠かせないものと思われたからです。
その5つというのは、活発性(実行こそすべて。アイディアを自ら実行に移すことにより結果をもたらす)、原点思考(過去や原型について考えるのが好きで、過去を調べることにより、現在を理解する)、目標思考(目標を定め、その目標にに向かってまい進し、目標達成に必要な修正を行うことができる)、最上思考(単なる強みや、一見弱点と見えることであってさえ、最高レベルのものに変えようとする)、個別化(一人一人が持つ独自性を理解し、異なるタイプの人たちをまとめることができる)。一言で言うと、馬力のあるトラウマ発掘・変電機とでもいったところでしょうか。人によっては、存在自体がいい迷惑かとも思うんですが。

ともあれ、この要素は私のカウンセリングのやり方と一致していて、

1・相手の過去について聞くことで、相手の人となりや拠って立っている部分を理解する。(原点思考・個別化)
2・そこから発生した本人の強みや、逆に本人はダメだと思っていることを、独自の個性として確立させられる方法を提案する(最上思考)
3・それを生かして目標を達成、もしくは願望を整理する手段を、なるべく具体的に、かつ多様性を持たせ考案する(目標思考)
4・ケツをひっぱたいてそこに向かわせる(活発性)

…………

いやー、面白いなーと思いました。
これからカウンセリングを試してみたいという方は、お時間があればぜひご一読をお勧めします。で、お会いした際に、あなたの5つの強みが何だったのかをぜひ教えて下さい。カウンセリングがより充実するかも…
もちろんカウンセリングにいらっしゃるご予定のない方にもお勧めですよ。
スポンサーサイト

マイ的・新人さん情報 (Theater-U-La Sioraより転載) | トップページへ戻る | えりか 様

このページのトップに戻る

コメント

このページのトップに戻る

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ