トップ

エスエム落語をします
2018年02月12日

突然ですが、落語をします。

2月17日(土)、フェティッシュ・ギャラリーバー「アマルコルド」にてバースデーイベントを開催してもらうことになりました。

ここでエスエム落語をやります。古典落語をエスエムっぽくアレンジ。みんなだいすきあのねただよ!

店内のテーブルに座布団を載せて高座にします。着物着ます。高座名は女王亭舞きーです。時間はたぶん22時30分ぐらいからですが、遅れる可能性もあります。
一見さんも歓迎です。

「正気か」ってこの期に及んで自分でも思ってる。正気です(かろうじて)


アマルコルド
http://amarcord.jp/



スポンサーサイト

このページのトップに戻る

緊縛撮影
2018年01月27日

先日、緊縛撮影をしてきました。

詳しく、というか全然わからないのですが、
アプリゲームのキャラクターのコスプレなんだそうです。
ゲームといえばヴァンパイアセイバーで止まっている私です。レイレイを使っていました。
好きなゲームはバーチャロンの初代です。バイパーⅡを使っていました。
ゼルダにそろそろ戻りたいと思いつつ、もはやタイミングがわかりません。
あ、あと先日マリオカートをしました。

オタク文化とSMは、私がSMを始めた15年ぐらい前から徐々に重なっていった感があります。
持っている要素が似てますよね、極端とか記号的とか。
相性がいいんだろうなと思います。

話が逸れましたが、写真です。




このページのトップに戻る

あけましておめでとうございます。
2018年01月05日

旧年中は大変お世話になりました。

写真は先日の女装子さん緊縛撮影から。
もはや女装ではないのですが。
めでたさ溢れる金と赤! で、お正月にぴったりですね。



緊縛が好きで、いろんなスタイルでチャレンジして下さる方なので、
こちらもやっていてとても楽しいです。
今まで縄は生成りのみでやってきたんですが
(とくにこだわりがあるわけではなく、
なんとなく生成りがいちばんやりやすかったので)
これを機に初めて赤を買いました。
いいですね。



今年もどうぞよろしくお願い致します。



このページのトップに戻る

緊縛撮影
2017年12月12日

こんにちは。

最近はクリスマスパーティーを12月中に何度もするそうですね。
私は緊縛撮影をしました(突然の話題急カーブ)

緊縛が初めてという方で、縄ごしに緊張が伝わってきました。

初めてなので全面的におまかせということで、
「こういうポーズにしたら似合うと思うんだよね!」
「こういうシチュエーションてことで進めない?」
と、ガシガシ提案しながら進めました。

もうちょっと粗っぽい縛りにしてもよかったかなぁと思いつつ、
品のあるいかにも繊細そうなお嬢さんだったので、縄目を揃えたりしちゃいました。

どうもありがとうございました。


初恋      
島崎 藤村

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり



やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり



わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな



林檎畠の樹の下に
おのづからなる細道は
誰がふみそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ

このページのトップに戻る

緊縛撮影
2017年10月23日

台風も過ぎ、秋深まりゆく今日この頃でございます。
とてつもなく足元の悪くなった選挙もお疲れ様でした。
私は期日前投票を利用していたのですが、今回は悪天候を見越して期日前に行った方も多かったみたいですね。

それはさておき、緊縛撮影です。

毎回、こちらの想像力の広がる衣装でいらしてくれるTさん。
体験回数も増えて、ご自身のご希望やイメージをどんどん伝えて下さるようになったのもありがたく、楽しいです。
(やったことがないと、まず自分が何をしたいのか、がわからないことが多いですし。
それをこちらから掘り下げていくのも、もちろん大好物ですが!)

さらに、日常的に体を鍛えていらっしゃるので吊りに強い!
というか、吊りのために鍛えていらっしゃるんだそうです。そりゃあ強いよ!





吊りでどんなポーズがとれるかは、ご本人の体力に結構左右されるところがあります。
吊りの最中はそんなにつらい実感はなくても、降りてみたら意外と疲れていたなんてこともあります。
運動するのは難しいという方(大半だと思いますが)は、緊縛の1週間前ぐらいからストレッチをするだけでも変わりますよ。

体の柔らかさって、体力に直結するんだなと思うことは多いです。自分の体についても含めて。



こちらは海外からのお客様です。ハイヒールに緊縛、似合いますね。「プレイ感」がより出ます。
「せっかく日本に来たんだから、いろんな縛りに挑戦しましょう!」と私が意気込みましたら、
「日本にはよく来ているので、そんなに急がなくてもいいですよ。ゆっくりやりましょう」とたしなめられましたw ハハハ。

それと、赤い縄を増やしました。ご存じの方はご存じ、縄屋さんの縄です。
ご希望の方はご予約時に「赤縄で」とお申しつけください。いつも用意していますが、念のため。
生成り(色のついていない、いつも使ってるやつね)と一緒に使うこともできます。



そんなこんなでござる。

このページのトップに戻る

  1. トップページに戻る
  2. 次のページへ

profile

早川舞

Author:早川舞
 女王様と編集者の二足のわらじを経て、SM・フェティッシュ分野を得意とするライターに。

 共著『可笑しなヘンタイ図鑑』(宝島社)、『Girl’s Side Book』『Girl’s Side Dictionary』(池田書店)、オタクが腐女子に、さらに女王様になるまでを描いた自伝『女王様はオタクだった 腐った遺伝子』(大洋図書・電子書籍)等の著作がある他、北尾トロ氏責任編集『季刊レポ』(ランブリン)にてSMの歴史や女装をテーマにした記事を寄稿。SM専門誌・ウェブサイトでも活動。

 メンバー全員女王様ロックバンド「SEXLESS」なんてのもやってたり。


ご意見・ご感想・お問い合わせ・お仕事のご依頼・誤記のご指摘などは jamrock.dec◆gmail.com(◆→@)にお送り下さい。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ